FC2ブログ

移民政策

日本という国の形が変わるような法案なのに選挙のときは争点にもならなかった。解散総選挙やってもいいぐらいのものだけど野党も受け入れ反対なわけじゃないからどうにもならない。外国人が増えて問題が起こってからやっと反移民の運動が盛んになるのだろうが、ヘイトだとか差別だとかレッテル貼りされるのも想像がつく。ここ最近人手不足とかで賃金が上がったけどまた下がるに違いない。

嫌な感じになってきた「LGBT」

向こうの主張に同調しないとすぐ差別とされて袋叩きにされる弱者どころか権力をふるう存在になろうとしているように見える。ホモは差別語だとかでゲイと言うことになっているけど元々の意味だった「陽気な」としては使えなくなってしまった。LGBTというのも横文字で海外から持ち込まれた概念や運動を模倣しているのも嫌な感じ。同性カップルに生産性が無いという文章を批判している人が独身に不利になるような少子化対策はやめろと言わないのも欺瞞もいいところだ。

甲子園も教室も暑い

甲子園は暑すぎるからドーム球場でやればいいと言う人がいるけど、そうしても予選は暑いままじゃないか?全国大会に出られるか予選敗退かで天国と地獄の違いがあるので予選の環境の方が大事だと思う。
学校の教室にエアコンを設置するのに反対なわけではないけど1年で最も暑い時期に夏休みを取るから無駄になる時間が多いなとは思う。設置するなど夏休みは減らさないといけない。

とんねるずを崇拝していた頃

2人で出る番組がなくなったので思い出を書いてみたい。少し上の世代がたけしのオールナイトニッポンの影響を受けた話をしているのをよく見かけるけど自分たちの場合はとんねるずだった。ただオールナイトニッポンは途中から聞いたら意味が分からないことが多くてついていけなかった。東京出身じゃないから成増や祖師ヶ谷大蔵がどんな町か知らないし、昔の新潟なんて進学率が低くて高卒が当たり前だからネタにすることじゃなかったのでちゃんと理解していたか怪しいけど笑っていた。帝京時代の話とかを知らないと笑えないものも多くて知っているのが優越感という世界だった。最初に見た番組は「コラーとんねるず」だと思うけど打ち切りになったと思ったらまた始まったり、夕焼けニャンニャンも途中から放送されたりで情報に飢えていた。「みなさんのおかげです」は1回休止になるまでが面白かった。裏番組があのベストテンだったのにそれを打ち切りにしたぐらい勢いがあった。その頃音楽もバンドブームがあってアイドルは冬の時代になったので昔好きだったアイドルというのが自分には全然いない。萩本欽一が「お笑いは休んじゃ駄目」と言っていたのを何かで読んだけど、ウッチャンナンチャンの番組を挟んで復活したのを見たら何故か以前より笑えなかった。生ダラとかはその後始まったのでそんなに熱心には見なかったけど、仲根かすみがねずみっ子クラブの一員だったのは初めて知った。書いていて思い出したけど雑誌とかのテレビ評論家にはろくなのがいない。少し売れた芸能人を偉人のように持ち上げてる奴、何でも叩いていてもうテレビ見るなと言いたくなる奴。

女性専用車両

痴漢や冤罪を防ごうとしてますよというポーズでやっているだけなのだろう。実際1両だけ作って他の車両は相変わらずのまま。廃止しろとか男性専用を作れという声には木で鼻を括ったような対応しかしていないので、押して駄目なら引いてみよという感じでむしろ半分近くまで増やすようにしたらどうか。そしたら女は出ていけなんてセリフも言えるようになるし。
フリーエリア
最新記事
プロフィール

northetts2

Author:northetts2
ワーキングプアという最低の身分にいた者です

カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR