FC2ブログ

桐生への旅その2


桐生駅に案内板はあったのでそれを見て織物記念館へ行ってみる。
途中長崎屋があったりでこの辺は結構栄えていた。記念館はレンガづくりで、昔の会社の建物なんだろうと思って入ると、中で何やら箱詰めのような作業をしている人がいた。建物全部が記念館ではないらしい。
他の部屋に行くと機織を実演していたり、製品を売ってたりしたが、うれしかったのはやっと観光マップを見つけた事だ。そそくさと外に出てどこに行こうかと思って地図を見ると、山本屋といううどん屋が近いので行ってみたが、その時暖簾は出ていたと思うが鍵がかかってて入れなかった。
地図のもっと上の方に見所が多かったので気を取り直して進む。賑やかな通りに出たら本屋を見かけたので入ってガイドブックを見た。載っていた桃太郎というそば屋も3時までで、タッチの差で間に合わなかった。
しばらくは何の変哲も無い風景だったけど、有鄰館という所があって、レンガの蔵が並んでいる造り酒屋のような建物で、入っていいのか迷ったが中では美術展が開かれてたりしているから、問題ないようだ。中は思ったより広くて豪商の持ち物だったのかもしれない。
外に出るとこの辺りは景観のために他の建物も保存されている地区らしく、なんだかとても懐かしい気分になった。無鄰館という建物もあってアーティストのアトリエになっているらしいが、調子に乗って入ってみたら建物から出てきた人と目が合ったので慌てて外に出た。
古いのこぎり屋根の工場に銭湯やうどん屋が多くて、労働者が昼にうどんを食べて、仕事帰りに風呂に入って帰ったりしたのだろうかなどと思った。うどん屋が香川県かと思うほど多い。ただ香川のセルフ方式みたいによその人が観光目的にするイベント性はなくて普通の店だ。
うどん屋はやっぱりどこも閉まっていて、先には群馬大工学部同窓記念会館というのもあったけど遠そうなので引き返すことにした。地図に焼き饅頭の店「前沢屋」というのがあったのでそれを目指して行ったが道がわかりにくかったり、店の看板が目立たないものだったりで少し道に迷った。

続きを読む

フリーエリア
最新記事
プロフィール

northetts2

Author:northetts2
ワーキングプアという最低の身分にいた者です

カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR