FC2ブログ

熊谷の旅その2桜堤とフライ

バスで熊谷市街まで戻って田舎っぺうどんに入ってみたら、食べている人もいたけど持ち帰りが主体の店みたいだった。
出てきたのはプラスチックの容器にゆでてから時間の経ったようなうどんで、「ごんぶと」を食べている気分になった。熊谷に他の候補の店が有ったら食べていなかったと思う。
気を取り直して八木橋デパートに向かった。店頭に温度計があるのが暑くて有名な熊谷らしい。
新潟の飲み屋「大助」があったり、群馬の「ガトーフェスタハラダ」のラスクが売っているあたりは地域性を感じたけど、よく考えればハラダの方は東京でも結構見かけるか。
しばらく店内のベンチに座ったりして一休みした。
その後繁華街のような所を通り抜けて桜堤を目指した。上越新幹線の高架が新潟と同じようなつくりで少し懐かしい気分になった。
高架のそばには秩父鉄道の小さな駅があって、覗いてみたら駅の中ではなぜか駄菓子を売っていた。
まっすぐ歩いていると車の多い大きな道と合流して、その先に桜堤があるみたいだったので進んだ。
でも歩きでは行きにくい道で、ガードレールを強引にまたいだりしてやっと桜堤まで来た。川沿いに立派な桜並木が広がっていた。木がやたら大きいし、かなり遠くまで続いている。
とりあえず駅と反対側に向かって進んだけど、途切れる所まで行くと遠すぎて疲れそうなので止めて戻ってきた。
駅方向に行くとにぎわい方がすごい。歩いている人の他は若い男女が堤防でバーベキューをしていたりバドミントンで遊んでいたりで、地元のリア充っぽい集団ばかりだった。
橋の下に停まっていた車もでかいワゴンみたいなのが多かったからそういう層が多いのだろう。
もっと進んでみると露店が色々並んでいた。
目に付いた露店で買って、後で「こっちの方が良かった」とならないように途切れるまで見ることにする。

続きを読む

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

フリーエリア
最新記事
プロフィール

northetts2

Author:northetts2
ワーキングプアという最低の身分にいた者です

カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR