FC2ブログ

岩田正美「現代の貧困」


著者は以前から貧困の研究をしていたらしく、近年の格差社会が叫ばれるような風潮が気に入らないようだ。それ以前から貧困だった層を忘れるなといいたいのだろう。本書で取り上げるのも女性とホームレスの統計のみで、それらの人々が一番深刻であると思ってのことなのだろうが、これでは「家族を養わなければならない」中高年をリストラしない代わりに新卒採用を減らしたのとそっくりに見えて、本書の中で何度も使われる「社会的排除」というのは新しい用語で定義がはっきりしないようだが、それを批判する著者もまた社会的排除をやっているように思えてくる。批判から入ったけど全部が悪い本というわけでもない。ホームレスになるルートとして寮などの労働宿舎が多いという統計とか(失業すれば家も無くなる)、あまり指摘されない課税最低限が生活保護費との関連が考慮されていないことなども書いてある。最後の方で解決策もあるがかなり駆け足で書いてあってもう少しページを割いてもいいと思った。それでもたいていの先進国にはある住宅手当の導入や、職業訓練を無料にして受講している間は所得保障をするというのは本書で触れられなかった氷河期世代にも役立つと思う。最後に生活保護バッシングという事が書いてあったので反論するが、年金や健康保険が払えないという人も多いので保護規準が下がって福祉などの減免規準も下がったとしても影響は少ないだろう。現状の逆転現象が残るよりはましではないのか。著者が評価する最低賃金を上げろというのと、生活保護が高すぎるという主張も対立するものではないと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント

フリーエリア
最新記事
プロフィール

northetts2

Author:northetts2
ワーキングプアという最低の身分にいた者です

カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR