FC2ブログ

小田原の旅その1、漁港

東京に住んでかなり経つけど小田急には一度も乗ったことが無かった。小田原について調べると魚市場の辺りで魚介類の料理を食べたりもできるし、小田原ラーメンというのもあるというので行くことにした。
新宿から小田急の快速急行というのに乗ったら混んでいて座れないうえに、停車する駅が一番少ないやつだったから神奈川県に入っても立ちっぱなしで参った。海老名の辺りまではあまり空席も無かったけど、小田原が近づくとどんどん人がいなくなった。
初めて小田原まで乗ってみたけど、窓から見える風景にはそんなに変わったものが無かった。小田原駅は広々としていて、太陽の光が入ってきて明るかった。みやげ物を売る店も多くて観光地に来たという感じがする。
魚市場に行くのにはJRに乗り換えないといけないので切符を買いに券売機に行った。一駅で安かったけどついでに路線図を見ると小田急よりかなり高い。東武に乗ったときもそうだったし、青春18きっぷとかじゃないとJRで旅行に行こうという気にはならない。
東海道線には旅行客っぽい人もいれば学生もいて結構混んでいたが、早川で降りる人はあまりいなかった。駅を降りるといきなり農協とか干物の店があって漁村に来たような感じがした。
港に向かって歩いていると、「こじま食堂」という店があった。ここで食べても良かったけど、メニューを見ると煮魚と刺身両方食べられる定食は無くて、どっちかにしないといけないのがちょっと嫌でやめた。
途中海の見えるイタリアンレストランなんていうのもあったが、さすがに敷居が高い。さらに進むと魚料理の店だらけですごい事になっている。これはどこにするか迷う。
アジフライが美味いらしい「大原」、その隣に「かご平」、少し行くと「港のごはんやさん」や「食堂谷」。さかなセンター内にある「いこい」というすし屋と「まご茶漬け」の店。(まご茶漬けは刺身にだしをかけて食べるらしい)一人ではやりたくないがさかなセンターではバーベキューもできる。魚がもらえるのかやたら猫が歩いているのも面白いところだ。
その辺の店を2、3周した結果、フライや煮魚と刺身両方あるメニューがいいので「食堂谷」に行こうとしたけど、既にのれんがしまわれていた。あと5分も早く決めていれば・・・。
さかなセンターの店は単品メニューなので除外して残りを見ると、かご平が一番安かったので入る。アジフライとアジのたたきの定食を頼んだ。
しばらくして運ばれてきたアジフライを食べると、大量にタルタルソースがかかっていてアジの味があまりしなかった。いや、不味くは無いけど。たたきも普段食べるものより格段に美味いというわけでもなかった。
メニューの選択が良くなかったのか?店の選択なのか?とにかく店を選んでいるときのわくわく感ほどのものは無かった。
食後は港の辺りをぶらぶら。旅行に行っても内陸部が多くて、海を見るのは何年ぶりかという感じでしばらく波が行ったり来たりするのを見てから駅に戻る。
行きと違う道を歩いたらそば屋にまでまぐろ丼が置いてあったりでとにかく魚が売りなのだなと思った。
この後電車で小田原まで戻って、小田原城を見ることにする。
関連記事

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

フリーエリア
最新記事
プロフィール

northetts2

Author:northetts2
ワーキングプアという最低の身分にいた者です

カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR