FC2ブログ

〈リア充〉幻想(仲正昌樹)

仲正昌樹といえば末期の「諸君」で左翼批判をよく書いていた記憶があるが、別に保守派でもなさそうで敵の敵は味方ということで呼ばれたのだろうか。
ほとんど著書も読んだことがないけど、タイトルにリア充とあったり表紙にアニメかライトノベル風のイラストがあるので他より気軽に読めそうだと思い借りてきたら、対談形式なので速く読めた。
「諸君」でやっていた感じで加藤智大へ共感するロスジェネ、ニート論壇(差別語だと書いてあるところもあった。確かにそう感じる)を批判するところから始まるのだが、非モテの話になると急に大学教員は最近大変だとか、もてなくても仕事があるから私はそんなに不幸じゃないとか極めて個人的な話になってしまっている。
仲正昌樹はアセクシャルだというのをネットで読んだ覚えがあって(抗議が来たりするのか?)、もしそうならもてるとかもてないのが人間の生活の大部分のわけがないなどと言うのも感じ方が一般人と違うだけじゃないかと思ったし、ロスジェネ論壇を支持する人は仕事が無いか、充実感など味わうことの無い仕事をしているだろうからそんなこと言われてもやっぱり自分とは別世界にいるとしか思えないんじゃないか。
その後は「人間力」という言葉について本田由紀のハイパーメリトクラシー論に通じるような批判をしたり、「KY」というのが最初は渋谷の女子高生の軽いつっこみ程度だったのに安倍元首相に使われた辺りから人間力のない本当に駄目な人間という意味になってきたという話があったりでこの辺は共感して読む事が出来たけど、ネットで批判された事や学生や普段接する人の態度に対する愚痴に話が脱線してしまうのは残念。
友達について話す部分では色々なところでちょっとずつ人間関係を作るといいというのだが、後でそれは学者とか芸術家のような特殊な仕事の人しかできないと言っていてこれもどうかと思った。
最後はなぜかメイド喫茶に行ってみたりした後、コンプレックスがあったり仕事や人間関係が上手くいってなくて落ち込んだ人には世界や他の人が明るく見えて近づけなくなるという話をしていて確かにそういう気分を味わうことがあるなと思った。
その後にそれは幻想でよく観察すればみんなが一枚岩では無いし、中にはどうしようもない人もいると分かったりして自分が入ってもめちゃくちゃに浮く事も無いと思えてくると書いてあってこれが結論らしいのだが、自分に当てはめて考えるとワーキングプアの職場に行っても風呂も無いような部屋に住んでいる人や正社員歴が無い三十路に出会った事が無いとかいうのにはものすごい疎外感がある。そういう層を発見できたら気分だけでも楽になるだろうか。





関連記事

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

フリーエリア
最新記事
プロフィール

northetts2

Author:northetts2
ワーキングプアという最低の身分にいた者です

カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR